Project Details事例詳細

東京駅 丸の内駅舎[グラディ]

2013年03月27日 掲載

[ カテゴリー: LED ]

1914年に創建された「東京駅 丸の内駅舎」は、戦災により南北の丸屋根ドームを焼失しましたが、2012年秋におよそ5年の歳月をかけ復原工事が完了。
失われたドームの内装はレリーフも美しい創建当時の意匠を取り戻し、駅舎外構はシンボリックな赤レンガの風格ある佇まいへとよみがえりました。
南北のコンコース上部を照射する『グラディ』は、東京ステーションホテルの客室が並ぶフロアとその上層のドーム、それぞれに設置されています。ホテルフロアの壁面を照らすグラディにはグレアカット平行ルーバー付照明BOXが装備され、宿泊客に配慮したやさしい照明デザインになっています。
また、光源には6000ケルビン(特注色)と3000ケルビン(IW)の2つの色温度を採用。外光が差し込む日中と陽が落ちる夕刻以降で異なる照明演出が行われており、公共の場にふさわしい和やかさと気品を兼ね備えた空間となっています。

最新鋭の技術で時代を超える貴重な遺産を復原し、次の100年へつなげていく、、という壮大な取り組みに、私たちの技術が一助となることが出来、たいへん嬉しく思います。

※画像をクリックすると、拡大表示します。

ホテルフロア壁面照射